森の貴婦人

くじゅう山開きの前日の4日に梅雨入りしちゃって、晴天下のミヤマキリシマ詣ではできそうにないなぁと思ってたら、11日の午前中が晴れマーク!
ってなことで、男池より登ったのですが、すでに撮影するピークは過ぎてましたorz..
まぁ、まだ見るにはいい感じでしたけどね。。
でも、アップは森の貴婦人といわれるオオヤマレンゲを(〃∇〃)

オオヤマレンゲも今年はかなり早めの開花・・
6/11には大戸越のオオヤマレンゲも北大船山のオオヤマレンゲもすでにかなりの花が開いてました。

猟師岳のオオヤマレンゲ

2016年6月11日撮影
今年のオオヤマレンゲの開花は早い!
すでにかなりの花数が咲いていたのでした・・

大葉大山蓮華

2016年6月11日撮影
大戸越のオオヤマレンゲは芯が赤味を帯びているのが特徴・・いつだったか、これはオオバオオヤマレンゲだと教えてもらった

翌日12日は予報が変わり夜明け前よりかなり土砂降りの雨・・
ま、梅雨だから仕方ないのだけど、猟師岳のオオヤマレンゲを雨の切れ目に合羽着てテクテク・・スマホのみで(;´Д`)
が、この12日がかなりの花が開いててピークだったと思われる・・一眼持って来ればよかったorz..

翌週の18日、梅雨の中休みなんだが、梅雨とは思えないくらい朝から青空広がるチョー快晴!!
なぜミヤマキリシマの時にこの天気がぁぁぁ!!と思いつつも、猟師岳のオオヤマレンゲ・・の前に今日は山頂まで行って
下山時に撮影。
が、前週のを見たあとだから、かなり少ない花数に終わりだなぁと(寂)

猟師岳のオオヤマレンゲ

2016年6月18日撮影
この日は朝から青空広がる快晴だったけど、先週からするとかなり花が終わってたのだった。。

ま、今年も森の貴婦人とご対面できて、香りもおもいっきし吸い込んで堪能できたら良かったのだな♪

2016年平治岳のミヤマキリシマ(下見)

5月22日(土)に男池から平治岳のミヤマキリシマの下見してきました。
大戸越で2~3分咲きくらい。
南斜面はばらつきがあるものの、おおむね2分咲きくらいかな?
本峰も同様だけど、蕾びっしりついた株もありで、このまま虫害がなければいいかもしれません!

平治岳のミヤマキリシマ

2016年5月22日撮影
花付きは平年並み?
でも虫害少なく良好です♪

平治岳のミヤマキリシマ

2016年5月22日撮影
結構開いているのもあります。。

昨年は下見に行った時点で、虫害が深刻な状態だったけど、今年はやられている株はあるものの、少なくてこのままいけばいい感じだと思われます♪
ただ、22日の大戸越に到着したAM8:00は気温が低く、尺取虫の行動が鈍っていたようで、のんびり下見→朝ごはん→大戸越に下るころにはあちこちで尺取虫が出てきてたから、ピークだろうと思われる山開きの頃はどうなっているやらです(;´Д`)
下山して、ザックの中に侵入してた潰れた尺取虫が出てきたりもしたし(;´Д`)

笹の花が咲く

平成28年熊本地震・・・本震の起きた4月16日 1:25は九重町の筌の口温泉で入湯後上がって着替え終え、ちょっと手を洗いに入った直後だった。
前震の時は北九州市内で震度3強と生まれて初めての揺れだったのだけど、それを上回る震度5強・・関東に住んでいるLedy-eさんから、「震度5だと2階建ての家屋がプリンみたいに揺れる」と教えてもらってたのだけど、足をつけている硬いコンクリの床がグニャリとした感触が伝わったのがわかる。。
僕が上がったあとに、地元の年配の方が一人湯に浸かっていたのだが、その方の半身以上見えるくらいにお湯が踊り一気にこぼれ、排水が間に合わないほどタプタプな状態に慌てて、戸を閉めて湯が入り込まないようにして、そのすぐあとに年配の方も慌てて上がって、濡れたまま着衣。。スマホで地震情報を確認して、地元の方は慌てて帰って行かれましたが、パニクっている人がいると意外に冷静になれるというか・・
直ぐに北九州に帰ることも考えたけど、夜中では道路状況がわからないから、とりあえず夜明けまで安全な場所で余震の続く一夜を明かしたのでした・・
それからしばらく山に入るのは控えていたのだけど、先週よりとりあえず吉部から鳴子川沿いを歩いてみることに・・・
GW頃に咲く野草の花はすでに終わっていたのだけど、晴天下のグリーンシャワーを浴びながら、テクテクと・・・
と、気付いた異変というか、あまり見ないものが・・・掲題の「笹の花」がたくさんついていたのです。

笹の花

2016年5月22日撮影
笹の花が咲くと不吉なことが起きる・・・??

昔から笹の花が咲くと不吉なことが起きるとか言われてましたが、実際、笹が花をつけると寿命なので枯れてしまうみたいなので、地下茎でつながっているその一帯が花つけたら全部枯れちゃうから、どうなるやら・・
その笹の花は鳴子川の右岸/左岸とも花がついてて、大船林道沿いの坊がつるまでの林道脇の小さな笹まで花がついているのは???な感じです。
前週はまだ蕾だったけど、イネ科らしい花が一斉に咲いているのを見るのは、地震の影響なのか?、たまたま寿命が来たのか? それとも?

水が枯れる

2016年5月22日撮影
一週間の5/14の時は水量少なく感じたもののまだ水は流れていたのだが、この日は水が全く流れていなかった。。

久しぶりに坊がつるでお会いした永松さんに伝えたのだけど、笹の花といい、吉部暮雨コースの登山口直ぐの水場が枯れていることも水脈に変化があったのか、地震後なのでまだじわじわと何かが地下部で起きているのか、心配は尽きないのです。。

とは言え、土曜日に平治岳にミヤマキリシマの状況の下見に行って、昨年のように虫害は少なく良好な状態なので、しばらくミヤマキリシマ詣でが続きそうです。
それにしても、5月の土日両日晴天の週末に、男池も吉部も閑散とした状態なのはまだまだ地震の影響があるんだなぁと・・・
JA飯田高原のドライブインの野菜直売も、お客さんが来ないからと生産者もほとんど野菜を出してないし・・・
地震前の状態に戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。