其処にしか咲かない高嶺の花に逢いに:弐

2017年7月2日(日)
 広河原 → 白根御池小屋分岐 → 白根御池小屋 → 草スベリ → 右俣コースとの合流点 → 小太郎尾根分岐 → 北岳肩ノ小屋 → 北岳 → 吊尾根分岐(ザックデポ) → トラバース分岐 → トラバース道(2/5くらい進んで折返し) → トラバース分岐 → 吊尾根分岐 → 北岳山荘(テン泊)

 白根御池小屋の今年の小屋開け情報時点では、草スベリにもかなりの残雪があったみたいだけど、ほぼ融けてて完全に夏道でした。
そして、草スベリにはたくさんの花が咲いていたので、急登ながらも撮影しつつなので、それほどキツクは感じなかった(^^♪

サンリンソウ

九州で見てるニリンソウに似ているんだけど、葉が違うし、何より雄蕊の葯が黄色いから???でしたが、帰宅後調べるとサンリンソウだとわかった(^^♪

 最初に目に飛び込んだのは、サンリンソウとキバナノコマノツメ(^^♪
サンリンソウは、帰宅して調べるまで名前は不明だったのだけど、パッと見た目ニリンソウかな?と感じたのだけど、葉っぱが斑入りでないし、なにより雄蕊の葯が鮮やかな黄色をしているのが大きな違いで、頭の中でニリンソウではないと判断してたものの何だ???でした(;’∀’)
イチリンソウ・ニリンソウにサンリンソウまだあるとは知らなかったなぁ(‘ω’)

キバナノコマノツメ

「草スベリ」コースにはたくさんのキバナノコマノツメが咲いていた(^^♪

シナノキンバイ

シナノキンバイは咲き始めで、まだこれからのようでした(^^♪

ハクサンチドリ

5年前、表銀座縦走中に見た、ハクサンチドリをこのコースで見れるとは思わなかったからうれしかった(^^♪

タカネザクラ

タカネザクラ・・・別名「ミネザクラ」・・野生種の桜で、標高2,500m超えではまだ咲き始めのようでした(^^♪

ショウジョウバカマ

九州で見る「ツクシショウジョウバカマ」と違い、大きく色濃い

 他にも数種類花が咲いていたのだけど、状態がよくなかったり、場所が悪かったりで撮らずでした(;’∀’)

青空広がる

右俣コースとの合流地点手前、鹿の食害保護区域から見上げると青い空が広がっていた(^^♪

 草スベリの上り途中から、すっかり晴れて陽射しが暑く汗だくになりながらも右俣コースとの合流地点に到着。
ひとまず、急登を終えホッとしたのでした(^ω^)

右俣コース合流地点

昨年夏は、右俣コースからこの合流地点に・・・なので、今回はここまでは初めて歩くコースでした。。

 ここで、塩分補給に干し梅と行動食用に買ってたパンを食べて、北岳までの登りに備えることに・・・
しかし、すでに標高2,500m超えたとは言え、陽射しがきつくて暑く感じるのでした(;’∀’)

【其処にしか咲かない高嶺の花に逢いに:参】につづく

其処にしか咲かない高嶺の花に逢いに:壱

2017年7月2日(日)
 広河原 → 白根御池小屋分岐 → 白根御池小屋 → 草スベリ → 右俣コースとの合流点 → 小太郎尾根分岐 → 北岳肩ノ小屋 → 北岳 → 吊尾根分岐(ザックデポ) → トラバース分岐 →トラバース道(2/5くらい進んで折返し) → トラバース分岐 → 吊尾根分岐 → 北岳山荘(テン泊)

吊橋

吊橋を渡ってスタートです!

広河原山荘

広河原インフォメーションセンターのトイレが混んでる時はここに来た方が待たなくてよかったりします。。

 標準コースタイムでは広河原から白根御池小屋分岐まで0:25(下りは0:20)→白根御池小屋分岐から白根御池小屋まで2:10(下りは1:30)なので、まずは、2:35の上りで体調チェックしながら歩を進めることにする・・・雨具を上下着用で登り始めたけど、すぐに薄日射してきて雨は上がったので、雨具を上だけ脱いで(下はタイツに直ばきなのでそのままw)調整後、まずは白根御池小屋分岐に到着。

白根御池小屋分岐

昨年は二俣方面へ、今回は白根御池経由で登ります(‘ω’)ノ

 昨年夏は、ここから二俣方面へ進んで右俣コース→北岳肩ノ小屋経由北岳山頂だったけど、今年は積雪が多かったので大樺沢にはいまだかなりの残雪があるって情報なので、白根御池経由を取る。
軽荷なら上りの雪渓も楽しそうだけど、テン泊装備の重荷ではもしもの場合の対応に不安があるからですね(;’∀’)
しかし、何人か軽荷装備(多分小屋泊)の登山者に道を譲って先に行ってもらったものの、お盆時期に比べると登山者は少なく感じる。。まぁ、今日は日曜日で明日は月曜日の平日だからってのもあるとは思うのだけど(;’∀’)

ゴゼンタチバナ

今回の北岳登山で最初に観た花がゴゼンタチバナでした(^^)

 燕岳への登山道「合戦尾根」に第一ベンチ第二ベンチ・・・とあるんだけど、白根御池までにも第一ベンチと第二ベンチがあり、ここではザックを下ろさず休憩ができるので楽だったw
なんだかんだと、汗だくになりながらも登って行くうちに、空腹感が出てきたのでようやく調子が出来てたかも(‘ω’)ノ  ウチを出発して登り始めるまで、空腹感がほぼないままだったので、ようやく代謝機能が出てきたかもで安心する(;’∀’)
途中途中で下山する登山者とすれ違うのだけど、結構早い下山だなぁと思いつつ、上り優先で待っててくれてるんだけど、どうぞと先に行ってもらう・・・重荷なので急登に待っててもらうには時間がかかりそうですからね(;’∀’)
と、下山する若メンズに声掛けられて、しばし情報を訊くことに・・・キタダケソウ目当てだと伝えると、スマホで撮影した写真を見せられて「これキタダケソウですかね?」と・・・あーこれは残念だけど、キタダケソウじゃないよーと伝える(;’∀’) ただ、この時、僕もハクサンイチゲの名前がぶっ飛んでて出てこず、キタダケソウは葉がこれとは違うんだよーってことを伝え、一応「どこで撮ったの?」と訊くと、北岳肩ノ小屋付近だと言ってたので、キタダケソウが咲く場所が違うねーとか話して、「次回までに勉強してきます!!」と別れ際「がんばってください!」と声掛けられお別れ、、、元気な二人に雰囲気にパワーをもらったようで、そのあとしばらくはキツさがなかったw
しかし、小屋泊だと荷軽でいいなぁ・・・いまさらw

キノコ

白根御池小屋手前でキノコ発見(‘ω’)

 登山地図から、ルート図の半分以上は等高線を上っていたけど、後半は等高線をなぞるように白根御池小屋まで続くので、ちょっと楽になってきたものの、久々の重荷ザックが肩に食い込みだす(;´・ω・)
だいぶ、腹減り状態がピークに達するところで、あと10分で白根御池小屋の案内にちょい急ぎ足w

白根御池小屋

汗だくになりながらも、標準コースタイムよりやや早めに到着・・・ここで休憩・・行動おにぎり🍙タイム

 ようやく白根御池小屋が見えて、ホッとする。 途中に結構休憩を取ったんだけど、標準コースタイムよりはやや早めだったので、大丈夫そうだなと判断。
ここまでの上りで、もしちょっと無理そうなら、北岳山荘での幕営はあきらめて、白根御池小屋で幕営することも考えていたんだよなぁ(;´・ω・)

白根御池小屋のテン場

ここに幕営して、軽荷で北岳ピストンも考えたんだけど。。。

 ま、ま、ともかく空腹なので、空いてるベンチにザックをおろして、行動おにぎり🍙食べて、ザックカバーはもう必要なさそうだったので、外してしばし休憩。
おにぎり1個では足りない感じだったので、行動パンも食べて、草スベリの急登に備えたのだな(‘ω’)

白根御池

標高2,230m・・・まだ2,500mを超えていないんだなぁ(‘ω’)

湖面に映る

湖面に残雪の斜面が映っていた・・・山頂付近はガスの中だが。。( 一一)

草スベリへ

標準コースタイムは上り2:30、下り1:30と上り下りで1時間違う500m直登コースのスタート(;’∀’)

 休憩時間は10分くらいだったけど、お腹も満たされたので、再スタート。
白根御池はもっと大きな池かと思ってたんだけど、意外に小さかったなぁを思いつつ、見上げた急登の斜面に気合を入れて進むのでした(‘ω’)

【其処にしか咲かない高嶺の花に逢いに:弐】につづく